育毛、発毛、増毛ランキング育毛ノウハウ>髪の生えるしくみ

髪の生えるしくみ

毛根の構造
毛髪を作っている毛根は上の図に示したような構造になっています。
毛根は皮膚の表面から4mm前後の深さに埋まっています。

毛根の最下部にある毛球部分に髪の毛を作る巧妙なしくみが隠されています。毛根の中心にある毛乳頭細胞が髪の毛を作っているのです。

毛乳頭細胞の周囲にある表皮細胞は毛母細胞と呼ばれる特殊な細胞に変化し、毛母細胞は毛乳頭細胞の刺激を受けて活発に細胞分裂を起こします。

活発な細胞分裂で増殖した細胞は上へ上へと押し上げられ髪の毛として伸びていくこととなります。髪の毛は伸びていく過程でケラチンという硬いタンパク質を蓄えしだいに水分を失い細胞としては活動はしないが強い強度を獲得するのです。

つまり、毛髪とは表皮細胞が増殖しケラチンを蓄えて死んだものなのです。
毛乳頭
真皮細胞が変化した組織。体毛を作る最も基本的な働きをする。人間の全身には200万個程度ある。
毛母
この細胞が盛んに細胞分裂を繰り返し毛になる。毛母の成長と消失の周期を毛周期という。
毛細血管
毛細血管が運ぶ栄養やホルモンなどの物質が毛母細胞を活性化し毛髪を作り出す。
皮脂腺
皮脂を分泌する。汗などの水分と混ざって皮脂膜を作り皮膚や毛髪を保護する。皮脂分泌が多すぎると汚れやすくなる。
posted by ランキング管理人 at 19:34 | 育毛ノウハウ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。