育毛、発毛、増毛ランキング育毛成分研究>ミノキシジル 効果と副作用

ミノキシジル 効果と副作用

世界ではじめてFDAより育毛効果を認められた医薬品がミノキシジルです。もともとミノキシジル(Minoxidil)は高血圧の治療薬(血管拡張剤)として使われていた薬でした。ところが、ミノキシジルを使用した患者から毛髪が生えてきたとか毛の量が増えたとの報告が相次ぎ、これに目をつけたアップジョン社(現在のファイザー)がはげの治療薬、脱毛症の薬としてミノキシジルを配合した育毛剤を発売したのです。

ところが、現在でもなぜミノキシジルが育毛効果を発揮するのかそのメカニズムは完全には解明されていません。つまり、なぜだか分からないが毛が生えてきたというレベルなのです。
それにしても、FDAからも日本の厚生省からも育毛効果を認められた立派な毛生え薬であることには違いありません。副作用に注意しながら正しく使いましょう。

ミノキシジル作用とヘアサイクル
ヘアサイクルとミノキシジルの作用 @Riup

理由は完全には解明されていませんが、ミノキシジルは育毛サイクルのうち「休止期」と「後期成長期」に作用して、壮年性脱毛症を改善するようです。ミノキシジルは「休止期」の毛包に作用し、休止期から成長期への移行を促進させます。さらに「後期成長期」に小さくなった毛包を大きく太く成長させ、毛髪の成長を維持させる効果があります。
(参照:ヘアサイクル(毛周期)

ミノキシジルの効果

  • 医薬品として発毛効果が認められる
  • 男性型脱毛に効果
  • 70%以上に軽度の育毛効果が確認される

ミノキシジルの副作用

  • ニキビ
  • 頭痛
  • 低血圧
  • 性的不能

ミノキシジルを配合した育毛剤

リアップX5(RiUPX5)
リアップX5(エックスファイブ)は、育毛成分ミノキシジルの配合率を5%に高めたリアップの新製品です。
「RiUPX5」は既存の「リアップ」がミノキシジルを1%含んでいるのに対し、配合率を5%に高め育毛効果をより高めました。発売前に行われた臨床試験では50%以上の壮年性脱毛症患者が「薄くなった頭皮から発毛が始まる」などの改善効果を実感しています。

ミノキシジルを5%配合した「RiUPX5」
リアップX5で髪が太くなる!?
リアッププラス
大正製薬から日本で最初に発売されたミノキシジル配合育毛剤「リアップ」のリニューアル製品で2008年1月から発売されたのが「リアッププラス」です。
「リアッププラス」はミノキシジルの配合率は1%と既存の「リアップ」と同じですが、育毛に効果のある薬剤を追加したり、基材に刺激の少ない成分を使うなど、これまでよりも高い育毛効果と使い勝手のよさを兼ね備えた育毛剤です。

リアップとリアッププラスの成分比較
リアッププラス リニューアル比較
リアップ
日本ではじめてミノキシジルを配合し、市販大衆薬「ダイレクトOTC」として認められた最初の育毛剤が大正製薬から発売されたリアップです。リアップは育毛成分であるミノキシジルを1%含んでいます。パッケージによって60mlタイプと120mlタイプがあります。一般に育毛剤は短期間で育毛効果が表れにくいですが、ミノキシジル配合育毛剤も育毛効果が表れるまで6ヶ月程度かかると言われています。

育毛剤リアップ紹介記事
リアップ 60ml 大正製薬
リアップ 120ml 大正製薬
リアップレディ
ミノキシジルは男性型脱毛の改善に効果があると言われ、女性用の育毛剤には使われていませんでした。しかし、大正製薬は敢えてミノキシジルを配合した女性用の育毛剤「リアップレディ」を発売しました。リアップレディもリアップと同じくミノキシジルを1%配合しています。リアップレディは頭頂部が薄くなる壮年性脱毛症に効果があると言われています。

女性用育毛剤リアップレディ
リアップレディ:口コミ情報
ロゲイン
アップジョン社(現在のファイザー)がFDAから育毛効果を認められたミノキシジルを配合した最初の育毛剤がロゲイン(rogain)です。
ロゲインはミノキシジルの配合量により1%,2%,3%などのタイプがあります。配合量が多い方が効果が高いと言われますが、その分副作用による障害も多数報告されています。日本では個人輸入によって出回っていますが、副作用による死亡事故も起こっているとの報告もあります。
posted by ランキング管理人 at 14:51 | 育毛成分研究
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。